エフェクトをかけましょう

0

さて、MMD上ではモデルが踊るようになっていると思います。
ここまでは基本中の基本です。
ここからが深い沼です。ええ、エフェクトです。
エフェクトに正解はないのです。自分が「これだ!」と思える仕上がりになるまで戦いは続くのです。
ですが、まずはエフェクトの基本からやっていきましょう。
エフェクトには2種類あります。
ひとつ目はシェーダ。
直接材質にかけるエフェクトです。
そしてもう一つが、ポスト。
これは画面全体にかけるエフェクトです。雪降らせたりキラキラさせたりもコレ。

では簡単なポストエフェクトからやっていきます。
まずはモデルが素の状態。
SnapCrab_NoName_2016-2-2_21-43-35_No-00
お手軽に質感を出したいですよね?そんな時はコチラ。

シェーダであるAdultShaderをポスト出来るエフェクトです。ではかけてみます。
アクセサリから読み込みます・・・・・
SnapCrab_NoName_2016-2-2_21-48-23_No-00
どうでしょうか?
お手軽にちょっと質が高まります。
ではもっと追求してみましょう。いよいよシェーダをかけます。
っとその前に、影も綺麗にしておきたいですよね?そんな時はコチラ。

これをまずアクセサリから読み込みましょう。MMDもろとも落ちたらグラフィック能力が足りてません。
今すぐこう言うボードを買って下さい。


これ読み込んでも、背景が黒くなるだけで変化がありませんね。
では、右上の「MMEfect」って文字をクリックしてみましょう。なんかメニューが出ますね。
その中の「エフェクト割当」をクリック。
ウィンドウが出ます。
SnapCrab_エフェクトファイル割り当て_2016-2-2_21-55-27_No-00
ここのMainタグのモデルのところをダブルクリックすると・・・
ファイルを開くダイアログが出ます。ここからシェーダを選びます。今回はG-Shaderを使います。
G-Shaderはこちら
SUN1のM1S1を当ててみます。
SnapCrab_NoName_2016-2-2_21-58-31_No-00
ガラッと変わりました。そして影にも注目して下さい。エッジが綺麗になっていると思います。
これがExcellent Shadow2の効果です。

さて、全体にかけてみましたが、このシェーダ、パーツ単位でかけられます。
エフェクトファイル割当ウィンドウでモデルを右クリックしてサブセット展開とやると・・・・
SnapCrab_エフェクトファイル割り当て_2016-2-2_22-1-26_No-00
パーツに分かれましたね。どれがどのパーツかは、左のチェックを外すとその部分が消えるので分かると思います。
どうやってかけていくかは人それぞれ。自分がコレって思うものをかけていきましょう。
私の場合は、肌、目、髪、服、金属でざっくりかけます。
シェーダを色々探すのは面白いので、ぜひやってみてくださいね。

今回はこの辺で。

小桜

小桜

MMD動画作ったり、物欲にまかせて色々買ったりする人です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。