モーション音ズレ補正

0

日数が空いてしまいましたゴメンナサイ。
PCの調子が悪くてちょっと組み直してました。

さて、前回はMMDの始め方について書きましたが、今回は音ズレについてです。
モーションを読み込んで、音源のWAVを読み込んで動かしてみると・・・・口パクと音がズレてる。
こんな時どうするか。

1.音無しのAVIをMMDで出力してAviUtil等でWAVを重ねて調整
これは音源よりもモーションの動き出しが遅い場合なんかに良くやります。
例えば、ダンス開始前のお辞儀→ダンスとモーションが作成されている場合、
お辞儀分の空白時間が必要になります。その際、MMDではWAVの読み込み位置が変えられないため、
WAVを弄って空白を頭につけるか、モーションのお辞儀部分を取ってしまうかの編集が必要になります。
私の場合は取り敢えずWAVの頭に空白入れて調整して、カメラつけてAVI出力してAviUtilでWAV重ねるって
非常に面倒な事をしてます。

2.モーションのフレーム位置を動かす
音源よりもモーションが早い、または遅い場合にやります。
モーションのReadmeなんかには~F遅くとか書いているものもありますので、
まずは読んで下さい。
書いていない場合は自力で合わせます。

今回は2の方法で書いていきます。

まず気をつけて頂きたいのですが、0フレームは選択しないようにしましょう。
やってみれば分かりますが、最初の動きがおかしなことになります。
やり方としては、最初の動作ポイントから最後までを選択してオフセットしてあげればOKです。

①フレームの選択
動き出しから最後までを選択する場合は、「全フレーム」を選択して、「開始F」~「-1」と入力して「範囲選択」ボタンを押せばOKです。
SnapCrab_NoName_2016-1-17_22-42-53_No-00
選択された部分の◆が赤くなります。

②選択したフレームの移動
ドラッグ&ドロップで動かして、開始位置を動かして下さい。
動かしたら再生してズレのチェックをします。
口パクに合わせても良いですし、ダンスモーションに合わせても良いです。
自分なりの合わせポイントを見つけて下さい。

注意点:Bluetooth等のワイヤレスヘッドホン等で音を聞く環境で作業されている場合、1~3Fずれる場合があります。
必ず最終チェックはスピーカーでやると良いと思います。
(そうなると、Bluetooth視聴の方に「ズレてる!」ってコメントされる場合がありますがwwww)

今回は以上です。

小桜

小桜

MMD動画作ったり、物欲にまかせて色々買ったりする人です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。